前へ
次へ

家族葬にして正解だと感じました

葬儀に参列したことはありましたが、基本的には大規模な一般葬儀に参列していたので、自分が執り行う立場になった時にも、一般葬儀にするんだろうなと思っていました。
でも、父が亡くなった時に考えてみると、父の年齢もかなり高齢で亡くなったので、参列できる人があまりいないんじゃないかなということに気がつき、悩みましたが家族間で話し合った結果、思い切って家族葬にしてしまおうかということになりました。
周りからの批判があるかなと思っていましたが、思いの外批判されることはなかったし、スムーズに話は進んでいきました。
家族葬にしたので規模は小さくて済んだし、本当に身内のみにしたので挨拶などで気を使う必要もなかったので、ゆっくりと最後の別れの時間を過ごすことができて良かったなと感じることができました。
返礼品や通夜振る舞い、精進落としといった飲食接待費もほとんどなかったので、金銭面の負担も軽減できたのが良かったなと思っています。

Page Top