前へ
次へ

自宅葬を選ぶ際に知っておきたい基礎知識

現在のお葬式は、セレモニーホールなどの会場を借りて行うのが一般的だと言えますが、昔ながらの、自宅で行われる葬儀である自宅葬も最近見直されてきています。
自宅葬のメリットは、何といっても住み慣れた我が家で葬儀が行えることであり、遺言で自宅葬を希望する方も少なくないと言われています。
セレモニーホールは設備が整っているため手間がかからないというメリットがありますが、慣れない場所で葬儀をするのに抵抗がある方もいるというわけです。
そして自宅葬には、時間を気にせず故人を偲ぶことが出来ることや、場所代がかからないといったメリットもあると言えるでしょう。
ただし自宅葬を行う際に注意しておきたいのは、スペースの確保が必要になるということです。
最低でも6畳のスペースがあれば行えると言われていますが、参列者の人数に応じたスペースの確保が必要になってくると言えるでしょう。
そして自宅葬を行うと人の出入りが多くなるため、事前に近所の方へ挨拶をしておくなど、近隣への配慮も重要です。

Page Top