前へ
次へ

葬式で気持ちを切り替えることの意味と重要さについて

葬式は悲しい気持ちになるイベントですが、考え方によっては良い気持ちの切り替えになるイベントでしょう。
例えば、自分にとって親しい人物が亡くなってしまったときの葬式は良くないことですが、考え方によっては自分がしっかり生きなければいけないと心機一転することも可能です。
心機一転の機会と捉えることもできれば、気持ちを奮起させる機会と捉えることもできます。
自分にとって嫌いだと思う人間が死ねば、それで気持ちが奮起する人間というのもいます。
感情としては良くないですが、それで人生が好転するなら良いと捉えれば、前向きになれることでもあるので、自分にとって都合良く考えることは大事なことでもあります。
つまり葬式というのは、気持ちを切り替える機会として捉えれば良いということです。
良い意味で気持ちを切り替えれば自分の人生も好転するので、故人が親しい存在ならそれを快く思ってくれますし、そうでない存在だとしても、もう死んでしまっているので関係ないことだと気にする必要はないでしょう。

Page Top